ホーム > 採用情報 > 先輩社員のインタビューvol.1

先輩社員のインタビューvol.1

先輩社員の画像

現在の仕事の内容を教えてください

入社後1年間はリテール部の運営する藤見町、紫竹山サービスステーションでの研修を受け、その後、建材部・諸建材部門へ異動となりました。2年間担当した後に、現在は建材部・ビル建材部門に所属しています。

建材部は各ゼネコン、設計事務所への営業活動を主体に建設資材の卸売を行う部門で、取り付け工事を伴う物件を受注した場合は、現場監督さん・職人さんとの施工打合せを行い、現場管理や工事の立会いもします。

現在はアルミサッシの取付をメインとするビル建材部門の管理営業として、営業担当の方が受注した工事を現場担当として引継ぎ、図面内容や取付工事予定などの打合せ、段取りを主として行い、日々勉強しながら業務を行っています。

出社からの一日の仕事の流れを教えてください

朝8時頃出社し、部門担当者全員で一日の活動予定の打合せを行います。その後、事務作業などの中でも急ぎの用件のものがあれば処理し、日中は主に担当現場を回っての打合せがメインとなります。工事の予定が入っている日は、製品の搬入・取付時間に合わせて現場に向かい、問題なく工事が進むように、立会いの上で現場確認を行い、支障が出た場合は、その対処に当たります。
夕方は4時~5時くらいの間に帰社して、見積りや書類作成など、社内で出来る業務を行い、6時半頃帰宅します。

忘れられない体験談(大変だったこと、うれしかったこと)

研修時の様子の画像研修時の様子サービスステーションでの研修期間中に、様々なお客様や現場のスタッフの方々との交流があったことです。
仕事の要領が得られず取っていた時期には「遅いな!いつまで待ってればいいの!?」とお客様に怒られてしまう場面もしばしばありましたが、周りのスタッ フの方々の心強いアドバイスや協力を得ながら、自分なりに1日1日の仕事を振り返り、反省点をひとつずつ解決できればと研修にのぞみました。 短い期間ではありましたが、その甲斐あって私の名前を覚えて仲良く付き合って下さるお客様もでき、大変充実した研修期間だったと感じています。この貴重な体験を今後の仕事の中にも活かせていけたらと思います。

私が高助を選んだ理由

私は生まれも育ちも新潟で、学生時代からこの新潟で、地域に根付いた社会貢献活動に従事していけたらと考えていました。 新潟という限られた地域での一流一番の企業を目指し活動を展開している高助は、まさに私の希望に合致する企業であるという印象を受け、入社を決意しまし た。
入社後も高助が多方面で新潟県内の活動に参加していることを実感し、また営業活動においても様々な場面で「高助さんなら任せて安心だ。」という言葉が聞こえて来ます。
今日まで先輩方が築き上げた大きな信頼関係の中でお客様とお付き合いができることは、それを引き継いでいく上でのプレッシャーもありますが、非常に心強い事だと思います。

就職活動中の学生へアドバイスをお願いします

面接必勝法とか、特別な就活テクニックはとても伝 授できませんが、自分が今何をしたくて何が向いているのか、なかなか答えを出せずに悩んでいる方がいたら、とにかく時間を割いて、出来るだけ多くの業種の 企業情報を、漠然と会社概要を眺めるだけでなく、一歩踏み込んだ形で集めることが大事だと思います。
社員の方々との交流会や会社訪問などの機会があれば、興味の有無に関わらず、重い腰を上げてでも参加してみる価値はあるはず。頭の中でのイメージや先入観 と実際に見たもの、肌で感じたものとでは全く違うと思うし、それによって新しい興味が湧いてきたり、漠然と希望していた職種があったとすれば、それに対す る疑問点が浮かんできたりと、自分の中だけで凝り固まって悩んでいる時には見えなかった自分なりの方向性が少しずつ見出せるかもしれません。
仕事が始まれば、どんな職業でも試練との戦いになっていくとは思いますが、とにかく前向きな気持ちで、皆さんの持つエネルギーを遺憾なく発揮して立ち向かっていけるような、やりがいのある仕事、仕事場に皆さんが少しでも近づけることを願っています!

DD車検へのバナー 採用情報へのバナー クリクラへのバナー クリクラミオへのバナー ENEOS CARDのご案内へのバナー KeePer PROSHOPへのバナー
このページの先頭へ戻る